結城浩 さんはインスタンス mstdn.monappy.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。
5491

結城浩 @hyuki monappy

今日配信の「結城メルマガ」でも、モナコインとtipmonaとMonappyを紹介させていただきました。
ch.nicovideo.jp/hyuki/blomaga/ mstdn.monappy.jp/media/T7tVMk9 mstdn.monappy.jp/media/rjA_sdl

自分の作っているトレーディングbot(笑)の状況をモニタするプログラムがようやくできました。こんな感じでモニタしています。グラフの描画にはJavaScriptライブラリのFlotを使っています。

mstdn.monappy.jp/media/_Rqp_GZ

注文にリミットをつけて、指定した利益確定で自動的に売られる場合(A)と、リミットをつけずに同じ価格での売り注文を出していた場合(B)を比べた場合は、(A)が優先的に約定されたりするのだろうか。それとも

BTC/JPYで、複数の売り注文と買い注文を出すbotを動かしているのだけれど、未約定の注文が多くなってしまってうまくいかない(まあ当然といえば当然)。レンジ相場の方がうまくいくという状況を体感しています。

@kengamine ほんとですね。なぜだろう。(いま自分あてに送ってみたら、うまくいった)

海外(?)からtipmona経由で3.9Mona送られてきました。monacoin.hyuki.net にアクセスした人のもようです。
twitter.com/MadUnun/status/878

現在動かしているone-trapというbotのアルゴリズムは非常によわいことに気がついた。そもそもトラップになってなくて、少しでもトレンドが出たら必ず損するようになっていた。だめでした。損切り機能以前の問題でした。

24日の夜から25日の朝にかけてBTC/JPYが急に下がったようで、私が動かしていた「お小遣い運用bot」は資金繰りに苦しんだようでした。BTC不足でトレード中止していた状態から一転してJPY不足でトレード中止してる。

昨日剣ヶ峰さんがいってた「損切りはしないとトレンドが突然現れた時に完全に死ぬので危ないですな」が現実になっていました。あのときに損切りの処理を入れていれば…(反省)。

mstdn.monappy.jp/media/VJiBz6w mstdn.monappy.jp/media/ETPoXkm

作品つくると、批評がどんどこやってくるので、ざくざく刺さりますよね!(結城も新刊発売後は、たいてい満身創痍)

がんばって!

「だれかさん」動画制作乙です!

モナコイン動画見ようと思ったら……こうなってましたが。 mstdn.monappy.jp/media/kmAHEyk

なるほど理解しました。

どうして注文には「いくらで買ったからいくらで売りたい」というアノテーションがつけられないのだろうと思っていましたが、ちゃんとそういうものが存在していると知って安心(?)しました。

もしかしてトラリピイフダンの「イフダン」はこの「IFD注文」のIFDでしょうか。

自分で「指し値の売り注文」「指し値の買い注文」の二つを出さなくても、「指し値で買い注文を出しておいて、利益確定と損切りも前もってセットできる」のですね。

Zaifではリミットはありますが、ストップはありませんね。

ありがとうございます。

Zaifの注文のところに「リミット」という項目があるのですが、これは何でしょうか? 調べると「リミット(指値注文)」と書いてあるのですが、そもそも注文を出しているときには指値しているのに(はて?)

出来高が増大したということは、いろんな人がトレンドを「見出して」売り買い始めているともいえるのかしら。そしてその売り買いによって出来高が増大するのでさらに…

トラリピイフダンの場合には、レンジ相場で、しかも値動きが頻繁に起きるものの方が有益ということになるでしょうから、出来高の大小によってエントリーするしないの判断も必要になりそうです。

いまは何も考えてない……

オーバーフィッティングは、過去の値動きを過学習してしまった場合ということですね。謎の関数によって過去の値動きを完全に追えるけれど、未来予測には役立たないと。それがありうるのは理解できます。

損切りの話もなるほどです。

フラクタル構造の話、なるほどです。少し長い目(長い時間足)でトレンドを見ながら、短い時間足でエントリーする。

現在動かしているbotは、現在しか見ておらず何も考えていないので赤ちゃんみたいなものですね。